夏越の祓に「夏越ごはん」。無病息災

6月30日は、夏越ごはんの日!
夏越ごはん画像使用等申請 今すぐ申込書をダウンロード
夏越の祓に夏越ごはんを食べて、一年の後半を元気に過ごす。

「夏越ごはんの唄」が登場!

半年の厄を祓い、残り半年間の無病息災を願う

夏越の祓

 一年の前半の最終日にあたる六月の晦日に行われる大祓の神事が
「夏越の祓」。十二月の大晦日に行われる大祓「年越の祓」とともに、
日々の暮らしの中で知らず知らずのうちに犯したであろう罪や過ち、
心身の穢れを祓い清め、無病息災を祈ります。
池袋氷川神社

「8の字」を描くように輪を3回くぐる

茅の輪くぐり。

 神社では、鳥居の下や拝殿の前などに茅や藁で作った
大きな輪を設け、8の字をかくように3回くぐり抜ける
「茅の輪(ちのわ)くぐり」を行い、一年の前半の罪や穢れを祓い、
残り半年間の無病息災を祈ります。
これは「備後国風土記」に見られる、蘇民将来(そみんしょうらい)が
「茅の輪」を疫病除けのしるしとした伝承に由来します。古くは腰に
着けたり首にかけていた小さなものでしたが、時代を経て大きくなり、
鳥居などに取り付けるものとなったといわれています。
また、「茅の輪くぐり」は「8の字」を描くように茅の輪を3回
くぐりながら「水無月(みなづき)の夏越(なごし)の祓(はらえ)
する人は千歳(ちとせ)の命のぶというなり」と唱えるもの伝えられ
ています。
赤坂氷川神社

残り半年に向けたお祈り。

六月晦日は夏越の祓。

夏野菜を使った、血の輪をイメージした丸い食材 栗や豆などが入った雑穀ごはん

夏野菜を使った、血の輪をイメージした丸い食材 栗や豆などが入った雑穀ごはん
 米は、昔から日本人にとって最も重要な穀物で、神饌や初穂などの供物としてみられるように、宮中や全国各地の神社などで行われる豊穣祈願や新嘗の行事に欠かせないものです。
夏越ごはんは、雑穀ごはんの上に「茅の輪」をイメージした丸い食材をのせた行事食です。その昔、蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞嗚尊(すさのおのみこと)を「粟飯」でもてなした伝承に由来しています。「ごはん(できれば雑穀入り)」と「茅の輪にちなんだ丸い食材」の2つの要素をおさえれば、夏越ごはんのレパートリーは自由自在。かき揚げ丼、夏野菜カレー、ビビンバなど、いろいろな味で「夏越ごはん」を楽しみ、無病息災を祈りましょう。

六月三十日は、夏越ごはんの日。

ルーツを知り、夏越ごはんを楽しむ。

オススメ夏越ごはんレシピ。

材料(4人分)
2カップ
雑穀
適量※
ゴーヤ
1本
赤パプリカ
1/3個
玉ねぎ
1/2個
小えび
80g
天ぷら粉
適量※
適量※
揚げ油

※雑穀、天ぷら粉の分量等はご使用商品の表記を
ご参照ください。

さっぱりおろしだれ
だし
120ml
A
しょうゆ
大さじ2
みりん
大さじ2
しょうが汁
小さじ1~2
レモン汁
大さじ1
大根おろし
大さじ2程度
1
米は洗い、雑穀を加えて、普通に炊く。
2
ゴーヤ、赤パプリカ、玉ねぎは食べやすい大きさの薄切りにする。
3
小えびは背わたを取り除き、殻をむく。
水で洗って水気をとり、厚みを半分に切る。
4
天ぷら粉は水で溶き、衣を作る。
5
ボウルに②③を合わせ、④の衣を適量加えて、さっくり混ぜる。
6
170℃~180℃の油で⑤を丸い形にして、カラリと揚げる。
7
Aを合わせて火にかけ、基本の天つゆを作り、
しょうが汁、レモン汁、大根おろしを加える。
8
器に、炊き上がった雑穀ごはんを盛り、
⑥のかき揚げをのせ、⑦のさっぱりおろしだれを適量かける。
夏越ごはんを食べて元気になろう!

夏を乗り切る新習慣

6月30日は「夏越ごはんの日」。 

神社でお祓いをしたあとは夏越ごはんを食べて
暑い夏を元気に乗り切り健やかな一年の後半を過ごしましょう